COM SERVER WIKI

Minecraft Java Edition & Bedrock Edition対応!
生活+建国サーバー

戦争ルール

外交ルートで国家間の問題が解決できなかった場合の最終手段として戦争を行うことができます。
しかし、戦争を行うには外交ポイントや戦争コストなど、様々な対価を支払わねばなりません。
まずは外交での解決を図るよう努力してみてください。

基本ルール

  • あくまでもイベントの一つです。競技としてのPvPを楽しみましょう。
  • 会戦の指定時間外にプレイヤーを攻撃してはいけません。
  • ルール違反が見られた場合、運営が該当プレイヤーへの制裁を行ったり、戦争を中断したりする場合があります。
  • 建国から1週間が経過していない国家に宣戦布告することはできません。
  • 同盟国や傀儡国、過去1週間以内に戦争を行った国家に宣戦布告することはできません。

戦争の大まかな流れ

1. Discordサーバーの#宣戦布告・会戦宣言で宣戦事由を述べ、宣戦布告してください。
2. Minecraft内で宣戦布告コマンドを実行してください。
3. 両陣営で話し合って会戦の日時、形式、制限などを決定し、運営からの承認を得てください。
4. 話し合いで決定した日時や場所を、#宣戦布告・会戦宣言で宣言してください。
5. 会戦を行い、講和を行うまでが戦争状態です。戦争終結後、必ず講和を行ってください。
Discordでの宣戦布告と同時に、費用として国庫から50万円を引き落とします。 国庫の残高が50万円未満である場合、宣戦布告は無効とします。

宣戦布告コマンドについて

宣戦布告コマンドは公開準備中であるため、現時点では実行不要です。

会戦についての協議

宣戦布告から24時間以内に、宣戦側は会戦について協議する場を設けて下さい。
話し合いの場は、自国の国家Discordサーバー上にプライベートテキストチャンネルを作成したり、新規サーバーを作成したりするなどして用意して下さい。
Discord上でかつ、運営がチャンネルを見ることができる状態であれば、協議の場に関する制約はありません。
被宣戦側は、宣戦側が用意した協議の場に参加するようにして下さい。
もしも宣戦布告から1週間以内に協議に応じなかった場合、自動的に宣戦側の勝利とし、運営が強制的に講話を行います。

会戦日時の決定

戦争を行う場合、宣戦布告を行った国と宣戦布告の対象国の代表者が話し合い、会戦の日時の決定する必要があります。
もしも会戦日時の決定が難航した場合、宣戦布告から1ヶ月以内で両陣営が都合の良い日時を7日以上提示し、それらを考慮して運営が日時を決定します。

会戦形式の決定

戦争を行う場合、「総力戦」「一騎打ち」「自由戦」の中から1つ選択する必要があります。
両陣営の会戦形式の決定において交渉が決裂した場合は、総力戦を行うものとします。

会戦時の制約の決定

その他必要に応じて両陣営が話し合い、戦争において設ける制約を決定して下さい。
両陣営が合意した場合のみ、その制約が有効となります。

有効な宣戦事由

1. 中核州への領土侵犯

中核州への領土侵犯の証拠(スクリーンショット)を運営に提出しなければなりません。
ただし、運営の鉄道・駅舎への進入は、領土侵犯とはみなされません。

2. 周辺地域の都市の樹立

自国の中核都市の中心から300ブロック以内に都市が樹立された場合、新しく都市を樹立した国家に対して宣戦事由を得ます。

3. 聖戦

両国が自国の宗教を明確に表明していて、相手国が自国とは異なる宗教を信仰している場合、その国家に対して宣戦事由を得ます。
しかし、パンテオン博愛思想を掲げている宗教を信仰する国家に対してこの宣戦事由を使用することはできません。

4. 国土回復戦争

相手国に自国の領土が割譲された過去がある場合、割譲した国家に対して永続的に宣戦事由を得ます。
さらに、相手国および都市が過去に自国から独立したものである場合、1回のみこの宣戦事由を得ます。

5. 領土拡張戦争

イデオロギーで植民地主義を掲げている国家は、自国より多くの州を持つ軍国主義と植民地主義の国家に対し、領土拡張戦争の宣戦事由を得ます。

6. 弾圧の対象

イデオロギーで外交主義を掲げている国家は、世界会議で自国および自国の同盟国に対して宣戦布告を行った国家への弾圧を提案することができます。
世界会議にてこの弾圧が可決された場合、弾圧に賛成した国家が進行中の戦争に対して1/4の戦争コストで参戦することができるようになります。
さらに、弾圧の可決/否決を問わず、弾圧の対象国は弾圧に賛成したすべての国家に対して宣戦事由を得ます。

7. 非難声明から1週間が経過

国家に対して非難声明を出し、1週間が経過した後に宣戦事由を得ます。
非難声明の発出自体にも外交ポイント-10のペナルティがあります。

開戦事由 失う外交ポイント 消費する戦争コスト(総力戦の場合のみ) 相手国が新興国(※1)の場合に受ける追加ペナルティ
領土侵犯 0 通常コストの1倍 なし
周辺地域の都市の樹立 -20 通常コストの1倍 なし
聖戦 -30 通常コストの2倍 さらに外交ポイント-40
国土回復戦争 0 なし なし
領土拡張戦争 -20 通常コストの1/2倍 なし
弾圧の対象国に対して 0 通常コストの1/4倍 なし
弾圧の賛成国に対して -30 通常コストの1倍 なし
非難声明から1週間が経過 -40 通常コストの2倍 さらに外交ポイント-60

※1新興国とは、建国から1ヶ月が経過していない国家のことを指します。

独立戦争について

概要

都市の総督に任命されたプレイヤーは、自国に対して独立戦争を起こすことが可能です。
独立戦争による外交ポイントのペナルティや、戦争コストは発生しません。

国民の意思表示

独立戦争が宣言されたとき、どちらの陣営に与するのか、国民全員が国家チャンネルにて意思表示を行ってください。
戦争への参加を希望しない場合、「独立戦争に不参加」という選択も可能です。
独立戦争の宣言から1週間以内に意思表示がなかった場合「不参加」と見なします。

独立戦争の会戦ルール

総力戦と同様の形式で行います。
ただし、会戦開始時において、国家元首陣営側のプレイヤーを攻撃側、総督側のプレイヤーを防衛側とします。
防衛側のプレイヤーは、総督が統治する中核州で待機し、攻撃側のプレイヤーは首都のエリア内で待機してください。
なお、独立戦争が発生した国家が「外交主義」の国家であった場合、同盟国の呼び出しは国家元首勢力側に与するものとします。

戦後処理

総督側が独立戦争に勝利した場合、自分が総督として就任している都市のエリアのみ、独立都市として国家から分離独立することができます。
分離独立の際に脱退することができるプレイヤーは、総督陣営のプレイヤーのみです。
国家から都市が独立した場合、その都市(国家)に対して1度のみ宣戦事由「国土回復戦争」を使用し、独立都市に対して宣戦布告することで国土の回復を試みることができます。
独立都市に対して国土回復戦争を行う場合、外交ポイントのペナルティや、戦争コストは発生しません。
また、国家から独立した都市に所属するプレイヤーの最終ログインから3ヶ月以上が経過した場合、その都市は独立元の国家に返還されます。 ※1独立都市を含むエリアが建国要件を満たしている場合は、即時建国申請を行うことも可能です。
※2建国しない場合、こちらを参照して独立都市の開拓申請を行ってください。

講話および戦後賠償について

会戦終了後、運営立ち会いのもと、両陣営は講話会議を行う必要があります。
戦争に勝利した国家は敗戦国に対して以下のものを上限として要求することができます。

  • 敗戦国の1ヶ月分国家予算を上限とする賠償金※1
  • 敗戦国の中核州1エリアの割譲(戦勝国がレベル5以上の植民地主義の国家の場合は2エリア)
  • 3ヶ月を上限とした敗戦国の傀儡化※2

※1運営が賠償金の6割を負担します。 したがって敗戦国は要求された4割を支払うことになります。
※2傀儡国の維持費として傀儡国の国家レベル×100万円/月が発生します。
なお、戦争に勝利した参戦国は敗戦国に対して別途要求することはできませんが、賠償を得た国家が参戦国に一部を譲渡することは許可しています。

外部リンク

COM鯖公式紹介ページ

COM Server Official Page

Discordサーバー

Discord Server

Twitter

@CountriesServer

リアルタイムマップ

Dynmap

Japan Minecraft Servers

Japan Minecraft Servers

Fantia

Fantia

プラグインのお部屋

Spigot Plugin Page

最近のツイート